・Monchiero Carbone
モンキエロ・カルボーネ
(ピエモンテ・カナレ)

ご注文は返信のメールまたはchumon@suzukiya.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=============================================================================================================

モンキエロ・カルボーネのワインはこちらから

=============================================================================================================




モンキエロ・カルボーネは、クーネオ県サン・ステファノ・ロエロ地区を拠点としている優秀な生産者です。
「ブルゴーニュ」ワインのようなフルーティーでエレガントなワインをめざしています。
また徹底した畑管理により、素晴らしいブドウが収穫され、ピエモンテを代表するエレガントなワインを生産しています。


 

この地方独特の(良くある)家とワイナリーが一緒の建物です。
モンキエロの建物の中で一番古い場所がカンティーナになっています。(約200年前のものだそうです)
新たに庭の地下を掘った、大カンティーナが完成間近です。
オーナーのマルコ=モンキエロさんは、他のワイナリーの醸造家でもあり、ここ、カナレ市の市長でもあり多忙な毎日を過ごしています。
すごく穏やかで優しいが厳しい目つきは印象に残ります。
蔵では息子のフランチェスコさんが畑の管理、醸造を行い、父は要所のアドバイスをしています。

モンキエロでは、「エレガントな果実味豊かなワイン」を理想としています。
そのため、トーストの弱い樽を使います。
その方が、バルベーラやネッビオーロには向いているそうで、ブルゴーニュ風の樽を選んで使います。
樽のタイプは、色々あるのですが、ブルゴーニュのものはトーストが薄いそうで、一番合うそうです。
彼の好みも自分のワインの次はブルゴーニュが大好きだそうです。
テイスティングルームに入りますと、たくさんのブルゴーニュワインの空き瓶が飾ってありました。
モンキエロの作風は、いじりすぎない、ブドウ本来の果実を生かした、洗練美溢れるエレガントな香りと味わいが特徴です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<試飲ワイン>




Roero Arneis Recit D.O.C 2003
Langhe Tamardi D.O.C 2002
Barbera d'Alba Pelisa D.O.C 2003
Langhe Nebbiolo D.O.C 2003
Roero Printi D.O.C 2001
Moscato Passito Sori Di Ruchin D.O.C 2001

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=============================================================================================================
もっとモンキエロ・カルボーネを知りたい方へ、「マニアの館」はこちらから

=============================================================================================================


ご注文お待ちしております。
ご注文は返信のメールまたはchumon@suzukiya.co.jp

(有)土浦鈴木屋
土浦市田中1-7-15
Tel029-821-1938
Fax029-825-2661
E-Mail:yoshii@suzukiya.co.jp
URL:http://www.suzukiya.co.jp
毎週木曜日は定休日